武勇伝〜運転記録〜**序章**




私は実家住まいだけど、
その実家に車がない。

なぜか。

それは家があまりにも都市に近いところにあるため。
つまり、車がなくても公共交通機関で十分やっていける。


ところが、これが私に 多大な苦痛を与えることになる。
(言い過ぎです)


車がないゆえ、免許とっても意味がないのに教習所行くべきかどうか大いに悩み、
結局教習所に通いだしたのは大学2回生の後期。

12月になんとか免許を取ったものの、 車がない(涙)
どうしても車に乗りたかった私は暴挙に出た。


***********************


○○レンタカーに出向いた私。

私「すいません、今から車借りたいんですけど・・・」
レンタカー屋の姉ちゃん 「どの車になさいますか??」
私「一番 安い車で」
姉ちゃん 「今はこのクラス以上しか車があいてないんですけど・・。」
私「じゃ、それを6時間でお願いします」


よし!!なんとか借りれた!!
と思ったのもつかの間。


姉ちゃん 「免許証お願いします。」
私が免許証を差し出す。

すると・・・・
姉ちゃん 「え、免許取られてから2ヶ月しかたってないんですか??」

まさか借りれないの??
でもちゃんと初心者でも借りれるってHPに書いてあったじゃん!!

姉ちゃん 「この2ヶ月間で車に何回乗られました??」
2〜3 回乗りました。」

・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

うそつけ!!


教習所卒業して以来、車に一回も乗ったことはなかったのだけど、
とっさにうそをついてしまった。


ところがそれでも姉ちゃんは不安だったらしい。
そりゃ当たり前だろう。なんせ2ヶ月で2回でも少ないには違いない。
しかも相手は女。

姉ちゃんは、明らかに嫌そうな顔で上司に相談しに行った。
すると、上司は「貸してもいいよ」と。
「ただし免責は 無理だから」


てなわけで、免責保障には入れなかったが、車を何とか借りることができた。
ちなみに借りた車はサニー。昔、引っ越す前に家にあった車である。
ただし、免責保障に入れていないので、万一事故を起こしたりすると、
普通より多額の金額を払わないといけなくなる。


そうして、 生まれて初めて自分一人で運転してドライブすることになる。


一回目のドライブ編へGO!!



このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー