11回目の運転記録〜広島・山口編(14)〜




さて、秘境中の秘境を訪れた後はもう地獄
ただ車に戻るというためだけにハイキング50分弱。

もう車についた頃はヘトヘトもいいところでして、足は完全に棒、の状態。

メーターを見れば前日からすでに700キロほど走らせたわけでして、
その上更に、大嫌いな慣れないハイキングを敢行。
まだ午後4時前とはいえ、更に400キロ弱の道のりを帰らないといけないのです。

しかももう予定は帰宅するのみ、とはいえ、
天気は下り坂。
雨の中の運転は更に疲れます。


すぐに運転できるわけもなく、
家から持参したリポピタンゴールド(オッサンかよ・・)を飲み、
車の中でサンドイッチをつまんだ後、駐車場を後に。


再び左手が断崖絶壁の道を通る時の
怖いこと怖いこと。

来る時は晴れていまして、路面もぬれていず、
すれ違いの時は右手が崖側のため、
自分が落ちる心配は全くなかったんです。

ところが帰る時は雨が降っている上、
車のすれ違い時には自分が断崖絶壁側に車を寄せなければならず、
そりゃぁ猛烈に恐ろしい。

エライ所にきてしまったもんだと思いながら、
なんとか断崖絶壁の道を通り抜け、
戸河内ICまで一直線。


なんと恐ろしいことに事前の計画ではですね。
三段峡内には黒淵というこれまた神秘的な場所がありまして、
違う入り口からのハイキングコースになっているんですよね。

二段滝、三段滝をめぐった後、
余力と時間があれば黒淵にも行ってみるはずだったんですけれども、
当然のごとく却下。


余力どころか、今にも死にそうです。


高速に乗ればもうあとは、神戸に向かうしかありません。
広島を脱出し、岡山に入ったところで、
ちょっとでも高速代を浮かそうという貧乏根性がムクムクと。


おなかも空いていたので、岡山で高速を降り、
ファミレスに入って食事。
その後にはちゃっかり岡山城もみてきました(笑)

さて、高速代を浮かすためということで、
第6回ドライブ編でも通ったブルーライン(無料)を使い、
一気に岡山→備前ICまで。

今回もほとんど車を見かけず、雨&照明もないため、
ホンモノの真っ暗闇の中を運転。
あまりにもさびしくて、幽霊が出てきそうでした(笑)

備前から山陽道に入っても、
これまた車がほとんどおらず、
真っ暗闇の中を運転し続けたのでした・・・。




次をみてみる

もういいや、homeにもどる




このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー