3回目の運転記録〜鳥取編〜




もともと、友人達は運転に自信がなく、
簡単そうな道のみを運転するということになっていた。

ということで、
鳥取県に入るころまでは全て私が運転。

高速を降り、R29(国道29号線)に入るときに一時道を間違えたものの、
鳥取の手前までは何の問題もなく走行。


ところが。

やっぱり無知だと恐ろしいことはおきるもんでして。

運転に慣れた私は、姫路でR29に入るころから坂などでシフトチェンジを繰り返し、
ATだったけど2速に入れたりODスイッチoffにしたりしていた。

しかし、高速やカーブなどでのシフトチェンジがあまり良くないとは知らなかった。
そんなことも知らず、結構な下り坂だからということでチェンジを繰り返したりして、
何故か加速状態でカーブを曲がってしまったのである。


もちろん曲がりきれず、気づいたときには
対向車線に思い切りはみだしていた(汗;)
それもかなりのスピードで。

幸い、対向車線に車がいなくて事故にはならなかったが、
もし車がいたら、
間違いなく全員あの世行きだったに違いない。

それ以来、事故はおこしていないもののその恐ろしさを痛感し、
今までの「事故らない」という妙な過信を改めたのであった。
私が自分の運転中にヒヤっとしたのは、後にも先にもこの時だけである。

その後、まさかこれ以上にヒヤッとするとは・・・・・


いったい何があったんだ??

もうこれ以上見たくないので戻る


このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー