4回目の運転記録〜岡山編〜(4)




カーナビで観光地を探し回ったものの、
なんせ真夜中。
観光地を見つけたところで開いているわけがない。


岡山市内や市街地をうろうろし、
やっぱり何もないので、引き返すことに。

今度は私が姫路まで運転。
夜の運転は初めてではなかったのだが、
片側一車線通行のうえ、
対向車線との間がポールで仕切られていた。


私、これが苦手なのですよ。
道幅が広くない上、
一車線通行で、周りの車の速度に合わせなければいけない。
薄暗くて左側が良く見えず、
ものすごく右よりで走行していました(涙)
私の車の後ろについてる人はおそろしかっただろうなぁ。


さて、なんとかかんとか姫路に到着した時点で
夜中の3時〜4時。
(この時間にドライブというのが間違い)

せめて海を見ようと海側まで車を走らせましたが、
見渡す限り工場。
海などどこからも見えず、
泣く泣く引き返してきました。


姫路からは友人がまたまた運転。
神戸にやっとこさたどり着いた時点で
ちょうど日の出前。

姫路でも岡山でも海を探して見つからなかったので、
ハーバーランドで海を見てきました。
(ものすごく地元・・・(涙))
そして
あまりにも外が寒かったので
即退散。


その後、私の家の前で一旦停車し、
私は家に戻り、
大学に行く準備を(涙)


大学の用意を持って、
私の大学近くのファミレスで朝食をとった後、
車で私の大学へ。


実はですねぇ、
私の大学、
車で通学すると、なんと。

停学処分なのですよ(汗;)
大学近辺に駐車場がないからというのが理由らしい。
私の場合は友人が運転するため、駐車しないから
多分大丈夫だとは思うんですが、
万一のことがあるとヤバイ。

てことで、
あまり人に見つからないように
大学が始まる1時間も前に登校。(朝8時)


当然、大学はシーンとしてましたが、
教室に入ってみると、

約一名つわものがおりました。
I:Y君。

クラブとかでもないのに
キミは何でそんなに
朝早いの??


ちなみに私と一緒に運転していた友人が
その後車を動かしてレンタカー屋に返却してくれました。
ホイールの傷について、何も言われなかったんだそうな。
一応チェックされてるのか、
それとも、
単に見ていないだけ
かは不明。
何はともあれ眠気を乗り越えて
無事に帰れてよかったよかった。



<今回の教訓>
徹夜でドライブしようとしない。
旧型マーチはできるだけ借りない。

(終)



<ホームに戻る>


このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー