5回目の運転記録〜淡路・鳴門編〜



渦の道。
それは、鳴門大橋の真下に設けられた遊歩道のことである。


つまり、すぐ真上に車が走っているということになる。


海面からの高さ約45mというその遊歩道、
床の一部がガラス張りになっていて、
海を見ることができる。


たかが45mと思われるかもしれないが、
これが結構怖い。


その怖さをさらに引き立たせてくれるのが、
吹きさらしの施設。


海の上の橋ってのは、そもそも風が強いため、
吹きさらしでないと、施設が壊れる可能性もあるわけで。


だたでさえ強い風が吹く場所なのに、
天候が悪いとあって、
それはそれは強烈な風でございました。


たとえて言うならば、
台風で実況中継しているネエちゃんみたいなもの。


いや、あれはそれよりも
絶対にひどかった!!


風の吹くほうを向けば、
髪の毛がオールバック。

逆を向くと、
さながら妖怪人間に。
(前から見ても後ろから見ても髪の毛しか見えない)


その上、苦労して歩いた割には
鳴門の渦潮見れず(涙)
(まぁ、景色は最高でしたよ)


強烈な潮風のおかげでパリパリになった髪の毛をとかしつつ、
四国を出て淡路に戻ることに。



次にいってみる
もういいや、homeにもどる




このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー