8回目の運転記録〜鳥取・島根編(3)〜



R29に入ってしまえばあとはひたすら真っ直ぐ行くだけ。
前にも一度同じ道を通っているので全く何事も起こらず。

途中で友人 I と運転を交代し、
そのまま鳥取砂丘へ一直線。
真夏の太陽が照りつける中、砂丘を歩いてきました。
で、海にも足を突っ込んできました(笑)


鳥取砂丘に行ったことのある人なら分かると思うんですが、
結構歩くのが大変なんですよ、鳥取砂丘。
特に海辺まで歩くとなると、それはそれは大変。
砂地でできた崖みたいなところを下らなくてはならない。
もちろん帰りは上らなくてはなりません。


夏の暑さにもやられ、ヘトヘト。
でもちょうどこの時期ラクダがいまして、
せっかくの機会だし、ラクダに乗るか!!ということに。


ちなみにこの日、看板が立っていまして。

「ラクダが疲れていますのでラクダ遊覧は
お子様のみとさせていただきます」


いやー、確かにうだるほど暑い日ではありましたが、
さすがにラクダも疲れるのねぇ・・・・。

などと思いつつ、ラクダに乗って写真撮影のみすることに。
ちなみにラクダに乗っての撮影は1人500円でございました。



ラクダ使いのおっちゃんにお金を払うと、
おっちゃんは必死にラクダを立たせていた。

「ホレ、花子や、立てぃ!!ホラ花子っ!!」

花子というネーミングにもちょっと驚いたのだけれど、
なかなか立ち上がらなかったラクダの花子が立ち上がる際、
脚をプルプルいわせながら立ち上がったときにはもう、
ラクダがちょっとかわいそうになりました。


が、ちゃんとのりぃ♪と2人でラクダに乗り、
友人 I もラクダの前に立ってポーズポーズ♪



お土産屋さんに入り、いろいろ試食をつまみ、
鳥取県名物の梨味のカキ氷をほおばった後、
遅い昼食をとりに、かろいちまで車を走らせることに。



次をみてみる!!

もういいや、homeにもどる




このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー