下道でどこまで行けるか(3)

〜格安日帰り旅行編〜




途中でガソリンを入れながら再び2号線を
広島方面へと向かって走り出す我がノート号。

備前からお決まりのブルーラインに入り、
そのまま一直線で岡山まで。
(ブルーラインは最終的に2号線と合流します)
夜中の下道、何もあるはずもなく、
何一つ変わった出来事もないまま広島へ。

そして更に何も起こらないまま山口入り。
そして程なく錦帯橋に到着し、全員お目覚め。


ところが。
錦帯橋についた時刻は・・・
朝の4時半
真っ暗で何も見えやしません。

24時間渡れますという通り、
さすがに朝の4時半では錦帯橋の入り口に人はなく、
誰でも通れるようになっておりました。
しかし、あまりに真っ暗すぎて何も見えないので
あえなく退散。


この時間ならば十分下関へ行けると判断し、
再び西方面を目指して走り出すことになるのでした。
(ここからが長いんだ・・・)



次にいってみる

前ページへ・・

もういいや、homeにもどる




このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー