AT限定解除の記録


(一日目)

ここ最近、
3時就寝11時起床という
生活リズムの狂った生活を送っていたため、
前日も早くに寝付けず2時半に就寝。


おかげで、
猛烈に眠たいまま
8時半に家を出て、
教習所のバスに乗って教習所へ。


教習所に着き、
もらい忘れていた教本をもらい、
教習が始めるまでの5分間だけ教本を見て、
いざ教習!!
(事前に、乗り方だけは口頭で友人に教えてもらっておりました)


指導員の方の説明を聞き、
お手本だのを見せてくれる。

何を隠そうこの私、お手本があると強いんですっっ!!
ヒトの技を盗み見て覚える。
逆に言えば、手本がないと弱い・・・・。


で、私が運転席に座った後、
ハンドルを持ってもらって、
発進と停車の練習練習。


「じゃ、発進して」といわれるたびに、
頭の中で「えっと、どうするんだっけ」と考えながら運転。
なかなかパッと発進できない自分にイライラしながら、
ひたすら練習練習。


「もういやや!!」
早くも思いかけた頃に、
「じゃ、ハンドル自分で持って」と指導員。
外周・内周を走り、
シフトアップ・シフトダウンの練習も。
(言葉、これであってるのかな)


この頃にようやく 「運転って楽しぃ!」と思えるように。

出来ないとイライラ。
出来たとたんにルンルン。
まるでお子ちゃまです(笑)


さて。
思ったよりもうまい」と
褒められ、勢いづいたSiiさんでしたが、
落とし穴発覚。


「ハンドルは両手でね」by指導員。

そう、Siiさんは
片手で運転するクセついてたんです。
だからハンドルの持ち方も正しくありません。

すぐに左手がシフトレバーのところに行き、
指摘されて両手でハンドルを持ちなおしても、
持ち方がおかしい。
曲がるときなどなおさら。


「片手で運転するなど10年早い!!」という
指導員のありがたくないお言葉を頂戴し、
残り時間で坂道も少しやらせてもらった後、
第一回目の教習は終了。


<本日の学習内容>
* MT車の発進、停車
* ギアチェンジの方法
* 坂道発進のさわり
* ハンドルは両手で!(涙)


homeにもどる

このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー