〜ツーリングOFF会レポ〜


<第三幕>


あとは紛らわしい道もなく、
一直線に向かうだけ。


どこを見ても雑草だらけの道を
気持ちよく走らせていると。


・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・

雑草の中に一人の人影が。

格好からして瞬時に取り締まりと気づいたものの、
速度はそんなに出していない。

あーそんなに速度だしてなくて良かった


と思っていると。


・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
・・・・
先で警官が止まれの旗をもってでてきた(涙)


ツーリング中だぞ、
そんなに速度はだしていなかったはずだぞ、

あれこれ考えながら車を止めさせられ、
デスクに連れて行かれる。


我がカローラの後ろには、
とおるさんの車も。

どうやら、
芋づる式に捕まったらしい(涙)


Siiはとおるさんと並んで尋問。


Sii「はぁ?速度はそんなに出していなかったはずですが?」

すると警官。
「ここはねぇ、40キロ制限なんですよぉ〜♪」


確かに60キロ前後で走っておりました(涙)
ここで初めてしまった!!と思ったものの、
ときすでに遅し。

それならば警官を見つけた時点で速度落とすんだった!!
と後悔したものの、
速度表示をみていない自分が悪い。


ツーリング企画者が捕まるという前代未聞の事態に
ちょっと恥ずかしさを覚えつつ、
警察官の質問に答えていくSiiでした(笑)



ここで一言。


あれは標識が悪いっ!!

あんな真っ直ぐな道を
40キロで走れというのが間違いですっっ!!
(オメーは反省していないのかという言葉は
一切聞こえませんっ、見えませんっっ)


(次に続く・・)


次をみてみる



このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー