〜ツーリングOFF会裏企画〜


<徹夜ドライブの巻2>


姫路市内をちょっとばかりうろうろした後、
やっぱり夜中には何もないので、
笹山に向かう前にI と運転を交代。

前回のMT車ドライブよりかは大分マシだったものの、
やっぱりどこかしらカクカクしたI の運転に密かに震えつつ、
国道372号線沿いをひたすら走り続ける。


実はこのツーリング当日、
Siiは遅寝早起きをしたため3時間ほどしか寝ておらず、
しかも連日睡眠不足が続いていたためか、徹夜はもう無理。
普段は助手席でめったに寝ないSiiも「気が付けば寝ていた」状態。


この篠山へ向かう道、結構な田舎道なんです。
ほとんど車がいない中を走り続けたんですが、
突然、辺りが真っ白。


雨あがりの天気だったこともあってか、
辺りに猛烈に濃い霧が発生。

以前、私が8回目のドライブ関東編で体験したのと同じくらい、
本当に濃い霧でして。
もちろんながらゆっくりと走らざるをえません。
時速30キロ前後で走り続け、
やっとこさ霧の中から脱出。

・・・・
・・・・
・・・・
と思ったらまた、霧の中へ突入。
こんなのが繰り返し発生。


すると、はだんだんと大胆になってきたのか、
3m先すら危うい霧の中にもかかわらず、
徐々にスピードアップ。


時速40-50キロで走り続け、
気づけば
踏み切りを時速40キロで通過。

止まるヒマなんてありゃしません。
単線しかなかった線路を渡り終えて初めて、
「ハイ踏切わたっちゃったぁ〜」という
I の一言に、事故が起こらないか
猛烈に不安と恐怖を感じたのでした。

まぁ対向車もいないような夜中の2〜3時の田舎道ですから、
人なんて歩いてはいないでしょうけれども、
万一、道路の真ん中に人がいたら、
間違いなく人身事故発生。


恐怖で再び目が覚め、篠山の手前で神戸に行く道を検索し、
ツーリングでも使用した唐櫃ICへとたどり着いたのでした。



次を見てみる



このHPはリンクフリーです。
 サイト上すべての文章や画像、その他一切の著作権はSiiに帰属します。
 Copyright(C)2004 Sii , All rights reserved.
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー